最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫)

  • 41 読みたい
  • 4 現在読んでいるもの

発行元 新井紀子 .

    Download 乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫) 無料で, 本の無料読書 乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 乱読のセレンディピティ【文庫電子版】 (扶桑社BOOKS文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  外山滋比古
    • レーベル:  扶桑社BOOKS文庫
    • シリーズ名:  乱読のセレンディピティ
    • 発売日:  2016年10月25日
    • 出版社:  扶桑社
    • 商品番号:  4914062470001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    一般に、乱読は速読である。それを粗雑な読みのように考えるのは偏見である。ゆっくり読んだのではとり逃すものを、風のように速く読むものが、案外、得るところが大きいということもあろう。乱読の効用である。本の数が少なく、貴重で手に入りにくかった時代に、精読が称揚されるのは自然で妥当である。しかし、いまは違う。本はあふれるように多いのに、読む時間が少ない。そういう状況においてこそ、乱読の価値を見出さなくてはならない。本が読まれなくなった、本ばなれがすすんでいるといわれる近年、乱読のよさに気づくこと自体が、セレンディピティであると言ってもよい。積極的な乱読は、従来の読書ではまれにしか見られなかったセレンディピティがかなり多くおこるのではないか。それが、この本の考えである。乱読によって思いがけないものを発見する能力〈セレンディピティ〉が起こることを教えてくれる。 「本は身ゼニを切って買うべし」「知識と思考」など、「知の巨人」が思考を養い人生が変わる読み方を伝授 !

あなたも好きかもしれません

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS文庫) by 新井紀子 ダウンロード PDF EPUB F2